レバレッジについて 後半

前回の続きで、高いレバレッジの効用を説明します。


説明を単純にするために以下の条件とします。

前提の条件として、

  ○一度の投資での損益額を5,000円に固定する。

  ○勝率は60%とする。

  ○手数料は無料とする。
  
  ○スプレッドは0銭とする。

とします。


ここで一回投資したとします。勝てる率は60%、負ける率は40%です。

これを以下のようなグラフにします。

投資回数0は、まだ投資をする前です。
leverage1.JPG
赤い矢印は勝ったとき、青い矢印は負けたときです。

この右端に損益額を記載します。

勝つと5000円、負けると−5000円の条件でしたね。

leverage2.JPG



上の図で、最初の投資1回した時の期待値を求めまてみましょう。

+5000円の時、確率は60%なので +5000X60%=+3000円

−5000円の時、確率は40%なので −5000X40%=−2000円

従って、期待値は、

  +3000円 −2000円 =+1000円

となります。これを下の図のように示します。

leverage3.JPG



つまり、初回の投資で期待できる利益額は+1000円になります。

しかし、40%の確率で負けます。

レバレッジ20倍では、一度負けたらおしまいでしたね。

同じ元手で複数回、投資するにはレバレッジをもっと高くします。

レバレッジを100倍にすれば最低でも9回投資できました。

とりあえず10回投資した場合の期待値の表を作ってみましょう。

以下のようになります。

leverage4.JPG

(クリックする拡大します)

10回目の期待値は60,000円になります。

5万円を原資に勝率60%あれば、10回の投資で6万円、つまり原資20%アップが

統計的に約束されます。



結論として、

  ○レバレッジを100倍
  
  ○勝率60%の手法を確立

とすれば、嫌でも利益がでてしまうのです。


以上でレバレッジの説明を終わります。


それでは・・・
タグ:レバレッジ
posted by ジョー at 11:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | FXの初歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。