FXでの各種注文方法の基本説明

  ○ 指値注文

   指値注文とは、最も基本的な注文方法です。

   例えば

               091006_100buy.JPG


   上の図のようにドルが下がってきて、100円まで下がったら買いたいと思ったら、

   あらかじめ100円で「買い」の注文をだしておきます。

   これが買いの指値注文です。、


   次に もくろみ通りに100円で買ったドルが上昇し、

         091006_110sell.JPG
  110円まで上昇したら売りたいと思えば、あらかじめ110円で「売り」という注文を出します。

  これが売りの指値注文です。


 ○ 成行注文

  今すぐ、売りたい!

  今すぐ、買いたい!

  こういう場合は、成行注文になります。


 ○ 逆指値

  例えば、100円でドルを買ったとします。

       091006_100buy2.JPG
  
   ところがその後、どんどんショート(円高)になってしまいました。

   もうこれ以上は耐えられないという金額で売り、

   損害が小さくしないといけません。

   そこで損を覚悟で99円で、あらかじめ売りの注文を出しておきます。

    091006_99sell.JPG

   この99円の売りが逆指値です。


 ○ IFD

   IFD(IF Done)注文は、新規注文と同時に、仮にその新規注文が

   成立した場合に初めて有効になる決済注文をセットで出せる注文方法です。

   例えば下の図で、

      091007_IFD.JPG
   現在から99円で買いの注文を出し、これが確定すれば



   102円で売りということがIFDで設定できます。


 ○ OCO

   OCO とは 「One side done then Cancel the Other order」の略で、

   セット型注文の一種です。

   例えば下の図で、

     091007_OCO.JPG

   100円付近でフラフラしてトレンドが読めない時(レンジ相場といいます)

   OCOを使うと、101円を越えたら買い、99円を下ったら売りという

   2つの注文を出せます。そしてどちらかの注文が確定したら

   もう片方の注文は無効(キャンセル)になります。


 ○ IFO

   IFOとは、上で説明したIFDとOCOを組み合わせたセット型注文です。

   例えば下の図で、

    091007_IFO.JPG

   現在の時点で、100円の買い注文を出し、もしこれが確定したら、

      102円まで上昇したら利益確定の売り

      または、予想に反して99円まで下がれば損切りの売り

   という一連の注文をIFOを利用すれば設定できます。





実際には例に示した以外の設定が可能ですが、

ここでは基本動作を理解して欲しかったので

あえて他の動作には触れませんでした。

追々説明を加えていきたいと思います。


以上でFXでの各種注文方法の基本説明を終了します。
   
タグ:FX
posted by ジョー at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | FXの初歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。